あぴあみのポッケ

和歌山往復、1200キロ  (パートⅠ)

3月31日から、3日かけて和歌山県まで行って来ました。
京都の法然院で13年一緒に作品展をさせてもらってきた、Fさんご夫婦。
Fさんの奥さんのKさんが病気になられて、
二人に会いたかったのが、やっと叶って行ってこれました。

来年息子もたぶん家から独立するだろうから、そしたら京都で泊まって
会場係りを出来るようになると思っていたのに、お世話になりっぱなしになってしまって、
世の中、うまくいかない。

前日に行くことを決めて、Fさんには「明日出て、明後日に着きます・・」

旅の計画は旦那さんの楽しみ!
高校時代の夏休みに、サイクリングで和歌山を走っているので、
その時のコースも走って来ました。

まずは、伊勢によって、お参りをしてから、
20年に一度の、式年遷宮は少しづつ進んでいて、
今、伊勢神宮(内宮)正面の橋の建て替えは始まっていました。
正殿が新しくなるのは、平成25年だそうです。

c0183164_155726100.jpg


春の伊勢神宮は初めてで、桜が咲き始めていました。
日々の感謝の後は、息子の就職活動やら、受験やら、あれこれお願いしてきました。

c0183164_6414957.jpg


1日はまず、Fさんのお見舞いに、
二人の笑顔とKさんの声を聞いて、ホッ!!
Fさんの介護の日々を思うと、もどかしい、
せめて電話はマメにしよう。
その後、那智の滝へ案内してもらって、「さんま寿司」(^0^)/
しめ鯖の変わりに、酢でしめた、さんまのお寿司!美味しかった。

この写真は、熊野那智大社から見た滝
c0183164_15574826.jpg

大社を降りて、別宮飛瀧(ひろう)神社からの滝は、
水しぶきに包まれるほど近くて、迫力ありました。

この後、昔サイクリングで通った海岸沿いをくねくねと走って、

c0183164_1627457.jpg


モアイ像ってこんな感じかな~
朝はこんな景色が見られるそうです♪

c0183164_16271464.jpg


旦那は青春時代に戻ってましたね♪
私は、話を聞きながら、石川から、よくここまで自転車で走ったな~~と、
お尻の皮もそりゃ むけるわ・・・
[PR]
# by apiami | 2009-04-04 17:11 | ^0^/ なこと | Comments(0)

久しぶりに 

久しぶりに、

朝、なごり雪が降っていました。

イルカの「なごり雪」、気が付けば口ずさんでいて、春休みだな~~っと!!

最近、閉じこもりぎみだったので、久しぶりに山を一巡り。

いつの間に山桜が咲いていたのか、

雨と風のせいか、もうだいぶ散ってしまってました。

c0183164_15582883.jpg

良かった!出て来て、見逃すとこだった!


c0183164_15584232.jpg

なんて木かな?カンザシみたいで綺麗!!


c0183164_15585186.jpg

子供の頃、山歩きの楽しさを覚えたのは、このショウジョウバカマのおかげ。

寒さが戻ってますね、お体に気をつけて!!
[PR]
# by apiami | 2009-03-27 16:12 | カメラ | Comments(2)

ヤーチャイカ!

昨日の事になってしまいましたが・・・

午後から、息子と「ヤーチャイカ!」を観てきました。

ヤーチャイカ・・は、世界で始めて女性宇宙飛行士になった、ロシア人のテレシコワさんが、
宇宙から何度も届けてくれた、コールサイン 「わたしは、カモメ」 だったそうです。

私が初めて宇宙を感じたのは、小学校の国語の教科書にでてきた、
天の川の中の、彦星と織姫の話だったと思う。

いつも見ている星の光、彦星が、ピカッっと光ってから、私の目に映るまでに、
17億光年かかっている事を知った時、
宇宙の広さと、そこに流れる時間の長さを感じた瞬間でした。

最近は、若田 光一さんからの話題などで、宇宙から青い星、
地球を見れる事が多いけれど、あそこに自分がいるんだな~~と思うと不思議。
いつかこの目で青い星を見てみたい!!

私たちは地球に足をつけて、暮しているけど、宇宙の一欠けら!
かけらの一つとして見る花、夕日は、なんと美しく幸いなのかと思う。
生きてる時間も、宇宙の時間からだと、アッという間、
その中で、出会った人とは特別な気がする。


「ヤーチャイカ」は写真とナレーションと音楽だけで出来た、映画で、
監督が、谷川俊太郎さんと、覚 和歌子さん、
俳優さんも、香川照之さんに小野真知子さんという豪華メンバー

平たく言うと、
挫折した女の人(新しい星を見つける仕事をしてた)が、
自殺しかけた男の人との出逢いから、もう一度生きようとするお話で
言葉、写真、音楽、だけで出来ているんだけど、
それぞれの持つ魅力ははてしなく感じられて、
三つの表現は、別々のようでいて、
生まれるところは同じ魂と、谷川さんが表現しているのだけど、
観終わった後、そんな魂のおいしいところを、思いっきり、かじった気になりました。

ご本人たちの詩の朗読も、あって、
映画の音楽を作った丸尾めぐみさんと、小室等さんの歌も生で聞けた(^0^)/

息子が最近、谷川さんの詩が好きだ・・というので、出かけたんですが、
出あったものは、贅沢な時間と、宝物のような作品でした。



ずっと、天の川!見てないな~~

長野の川上村で撮影されたんですって、夏にでも、行って来ようかな~~♪
[PR]
# by apiami | 2009-03-21 17:42 | ^0^/ なこと | Comments(4)

蝋燭の灯りで見た屏風絵

みぞれが、時たま降るような、寒い日になりました。

今日は、午後から、金沢の中村記念美術館に隣接する、

旧中村邸で、「燈火で見る屏風絵鑑賞会」へ行って来ました。

c0183164_21582688.jpg


昭和3年に建てられた切妻造(棟を境に屋根が2方向に傾斜する)の

高町屋(2階部分の階高が高い町屋)だそうで、

酒造業を営んでいた、中村栄助氏の住居を移築したんだそうです。

貴重な春日杉、霧島杉の天井板に、高村光雲に師事した竹田松洋作の欄間!

説明して貰ったままで(^^

蝋燭の灯りで、昔の人が見ていたように、屏風を見させて貰って来ました。

写真は取れなかったので、新聞から・・こんな感じです。

c0183164_21593431.jpg


絵が、浮かび上がって生き生きした動きに感じました。

蝋燭が消されて、蛍光灯がついた時、軽いショック!!

よく、細かい所まで見えるんだけど、なんか寂しい。

仕事がら、蝋燭を灯す機会は多いんだけど、

改めて、蝋燭の灯りっていいな(^^

見えすぎるより、ちょっと、ぼや~っとぐらいが、ちょうど良いかも!!


c0183164_22562873.jpg



c0183164_22112635.jpg



c0183164_2313182.jpg
[PR]
# by apiami | 2009-03-14 22:25 | ^0^/ なこと | Comments(4)

だるまさんがころんだ!!

c0183164_20591917.jpg


今日は、桃の節句!!

でも、これは、一昨日の梅の木。

この前来た時は、まだ、蕾も小さくて、

花は、まだ先だな~~なんて思いながら、

横を通りすぎてたのに、

公園が見えて来たときから、アッ!!咲いてる!!


前から、これホントに梅の木かな?と何度も、確かめては、梅の花だな~~と、

松より大きいから・・・

いつからここにいらっしゃるのやら・・・

天気も良いせいか、子供さんも多くて、

「だるまさんがころんだ・・・」

陽射しの中で、なんとも可愛い声が、聞こえてました!!

c0183164_20594017.jpg


この公園は、私の3歳から5歳頃までの、遊び場でした。

近くに住んでいて、近所のお友達と毎日のように、遊びに来ていたのに、

この梅の木は、きっと在ったはずなのに、覚えがまったくない(^^;

砂遊びや、めだかにばっかり、目が行ってたのかも。

「だるまさんがころんだ・・・」よく、そうやって、遊んでいたな~~~♪
[PR]
# by apiami | 2009-03-03 16:27 | ^0^/ なこと | Comments(2)